【映画】リリイ・シュシュのすべて 考察

はじめに〜

現在、高校生の私は時期的に夏休みであるわけですが、私のような部活もやっておらず、交友関係も狭小で希薄な人間にとっては、不健全に過ごすことを強いられるような毎日です。

というわけで、この有り余る時間を消費する上で考えついたのが映画です。

元々、映画を観るのは好きで、夏休みなどの長い休暇に入れば習慣的に鑑賞します。

かなり冗長な久々の投稿になってしまいましたが今日、題材とさせて頂く映画のタイトルは「リリイ・シュシュのすべて」です。

この映画を最初に鑑賞した後、去来した“不気味な感動”これを今回はディテールまで把握し、理解の深化を図っていきたいと思います。

f:id:kouta1015229:20170824102512j:image

 

さて、この「リリイ・シュシュのすべて」という映画のプロットを書いていきたいと思います。↓↓↓

中学で剣道部に入った蓮見は、そこで入学式で答辞を読むほどの優等生、星野(周囲からのイメージと主観的実像との相違に磨耗している)と出会う。そして夏休み、彼らと親密な友人何人かで沖縄旅行を計画する。沖縄旅行の最中で起こった様々な事件や家庭での問題が起因してか、二学期が始まった頃、星野は凶暴化し、驚くべき豹変を遂げていた。やがて、蓮見はいじめの標的になるだけでなく、利用されるようになり、万引きや援助交際等への加担を強要される。

そんな日常に鬱屈、悲嘆していた蓮見の唯一の救いそれは「リリイ・シュシュ」というアーティストの音楽を諦聴することである。また、自分が開設、管理する「リリフィリア」というリリイシュシュに傾倒する人間が集合する掲示板に心意を表出することでも、同じことが言える。その掲示板で蓮見は「青猫」というハンドルネームのユーザーと心理的に共鳴する。

急進的にエスカレートしてゆく、星野らの蛮行に利用され疲弊する蓮見は、リリイシュシュの音楽に安楽や解放を求めるも現実を甘受せざる得ない。後に、リリイシュシュのライブの開催が決定し、蓮見は青猫を名乗る人物との、対面を約束する。

以上が少し、ネタバレを包含したプロットです。

考察〜

冒頭に述べた“不気味な感動”は何かという点に着目して展開していきたいと思います。

僕が思うに、社会的には対極にあるとも言える星野と蓮見には、リリイシュシュというアーティストに心酔しているという点以外に或る、共通性が重要だと考えられる。

それは、精神の解放への渇望である。

また、この共通性は、援助交際を強いられている津田にも見られる特質でもある。

ここで確認しておかなければならない、頻出ワードがある。それは「エーテル」と言うものだ。劇中では、感性の触媒、特別なオーラのようなもの、また、リリイはエーテルの覚醒者という記述もあった。

僕が思うにリリイシュシュというアーティストは錯覚であって、本質はこのエーテルという触媒なのではないか。人間な元から持つ活力の源泉なるもの、それを意欲感などに転換する媒質。つまりリリィは無力な偶像だ。ライブでのインタビューを受ける、リリィに依存した自閉的なファンの様子がそれを物語っている。

劇中の掲示板の投稿にも見られる、リリィの存在を神格化することに対する批判。これがなかなか大きな要素であるように感じる。

これは多分、蓮見に教えてもらったリリィの音楽に感動したが、結局は何の救済にもならなかったという皮肉的な文章だろう。

リリィの音楽に依存し、欺瞞しても拭えない孤独感や絶望感。そんな現実と音楽の世界観に生じるギャップが星野の変質を幇助したかのように感じる。

もう分かるかもしれないが、さらなる深淵にある物語の根幹それは、リリイの音楽ではどうしても解決しない酷薄な現状を抱える少年少女。この第二の共通性こそがスペシャルファクターであるように思える。そして彼らは独力で解放を実現しようとする。

会社が倒産し、一家離散。いじめられっ子だったという過去も相乗してか、この状況から脱却し、解放されるべく暴力を身につけた星野。

援助交際に日々、憔悴し、自ら命を絶つことで解放を求めた津田。

星野は暗澹たる日常の主因である蓮見を殺害することによって解放を求めた。ここで重要なのは彼等が自発的に、解決のために行動を起こしたという点にある。

つまり、リリイの音楽という媒質は、感受性を鋭敏にし、あらゆる事象に対して繊細になり、心からの共鳴を実感することによって、時には精神の安定化を促進することもだろう。

しかし、現実は変えられない。触媒は触媒。あくまで現象を増進させるためのクスリに過ぎない。最終的に行動を起こすかは自分で判断するしかないというメタファーになっている。

リリイに対する盲信は、腐敗した日常の中では生きられない。 

最後に〜

この作品が本当にリアルな14歳を投影できているか?なんてことは甚だ末梢的な話だと思う。

しかし、現実と乖離した、凄惨ないじめや、生徒の関係などを利用して、ここまで寓意的に人間の孤独と虚無を如実に抱かせる映画は今まで観たことがない。