【映画・小説】桐島、部活やめるってよ 考察

はじめに〜

 かなり前になりますが、神木隆之介主演の「桐島、部活やめるってよ」という映画がありました。僕は中学2年の頃、この映画に出会い共鳴、感動せざる得なかったわけです。

今回は、約一年近く熟成させた感想や、その理由を克明に述べていきたいと思います。

f:id:kouta1015229:20170824102823j:image

(あらすじ)

舞台は普遍的な公立高校、ある日学園ヒエラルキーの頂点に君臨するバレー部キャプテンの桐島が部活をやめ、高度という基準を全否定するかのように忽然と姿を消す。集団で生活する上で必ず生じる格差、その格差こそが生徒の相対評価や、存在を決定づける基準であった。

そんな全能的な権限を桐島が放棄したことに、彼らは混乱、右往左往する。

自らを構成する根幹が揺るごうとしているからだ。言わば存立危機事態である。

しかし、桐島を取り巻く悩めるマジョリティの一方で普段と変わらず生活する、つまり格差という基準から逸脱している人間(言い換えると、ダサいとか、陰キャラだとかの周囲からの評価全てを突き返すほどの強さを持っている人間)がいた。それが前田たち映画部や野球部のキャプテンである。

この二者の混在する世界で起こる葛藤や衝突、動揺や嘲笑、そして確信。そんな幾多の感情が不器用が故に剥き出しになってゆく。

 

(評論)

 まず宣言しておきたいのが、僕がこの映画の主人公をほぼ東出昌大演じる菊池宏樹だと認識しているということ。

それは何故か、宏樹には共鳴せざる得ない要素があるからです。

彼は言わば桐島に一番近い存在だった、つまりクラス内の格差社会の頂点にいたわけです。

そんな全生徒の中で最も当惑している菊池にはとんでもない魅力があるんです。

僕はこの映画を見る時焦点を集中的に菊池に当てています、そのくらいの魅力なんです。

余談は置いといて、これは僕の推測なんですけど桐島は気づいていたんじゃないでしょうか。

この世界は格差という基準だけで飽和していないことに、絶対的なものが必要なんではないかと、だから一番近くにいた菊池は常に自分との相違に磨耗していたはずです。

だから「出来る奴はなんでも出来て、出来ない奴は何にも出来ない」という自己弁護的な発言をしたのではないでしょうか。

そして、菊池は前田たちに桐島との共通点を見出すんです、だけどここではまだ確信的ではなく、疑念の段階なんです。

小説では、格差という観点における自分の位置に甘えてしまう自分への嫌気や、周囲の前田たちへの侮辱や冷笑を軽蔑する(しかし、自分だってそうじゃないかと、その反感すら自嘲に)などの描写があり、しかしそこで行動に移せるような度胸もないし、そもそも自分が熱心になれるものも見つかっていない、だから今の自分で妥協してしまう、といった菊池の心の機微を繊細に描いていました。

そして、まだ脆弱だった彼の疑念を決定づける出来事が起きます。

「かっこいいよ」この一言で形容されてしまう自分の軽薄さに思わず涙を流してしまいます。

この未だ、自己の中で完結していた自分への疑念、それが客観的意見によって確信へと変貌を遂げたのです。

具体的な動機こそなかったが、グラウンドの風景を眺める姿や部活に出ないのにも関わらず野球カバンを背負って学校へ来る姿、これらが何よりの証拠だったのではありませんか。

練習に出なくてもいいから、試合だけ出てくれと言われるだけの野球部。

なんで未だ野球やってるんですか?とぶつける疑問。

部活に意味を求めてしまい、のめり込む彼らを不思議に思うと同時に羨望の眼差しを送る。

そう、菊池宏樹は“なんでも持っているけど、なんにも持っていない”のです。

ラストシーンはどうなるんだろう。

周りの価値観の強要すら、跳ね返す絶対性を見せられた菊池。

桐島を制止しようとするんだろうか、それとも不変的に過ごすのだろうか。

ゆく果てを描かないのは、やはり大人が人間の自律性や主体性の乏しさを知っているからではないだろうか。

 

やや冗長に菊池ばかり述べて、他が疎かになってる感覚がありますね。

この映画は群像劇という同じ時系列を複数人の視点から描くというとても、視聴側を客観的にさせ、その副次的効果で更に感情移入させるというのが特長であると言えます。

それには世界観の構築が必須で、普遍的な舞台や現実味のあるキャスト、そして台詞が大切なんです。

「人間関係は硝子細工に似ている。見た目はとてもきれいで、美しい。太陽の光を反射して、いろいろな方向に輝きを飛ばす。だけれど指でつっついてしまえばすぐに壊れるし、光が当たればそこら中に歪んだ影が生まれる。」

これは小説の一節で人間関係の張り巡らされた境界線を表している言葉です。

一見自由で平和的に見えて実相は、とても閉塞的で表層的な関係性。劇中、匂わせるシーンはいくつもありました。

昨今の青春ドラマや映画では絶対に伝わりきらない、青春だからこその陰惨さがあります。

そこをあえてフォーカスし、観客との一体化を図るこの映画の性格には驚かされました。

 

(何者との比較)

登場人物の年齢が少し上がって、就活生を主題とした何者と前作の相違について、少し述べたいと思う。

相違点に挙げられるのが、強制力の有無です。

前作での前田たちは好きなことに、好きなような熱中し、奔走してきました。

一方で菊池は目標もなく格差に依存した生活に嫌気がさしながらも、甘んじているという状態が持続していました。

しかし、何者ではこの二つともの生き方が許されてはないということでの、年齢による自由度、可能性の縮小が表現されています。

高橋優氏の「陽はまた昇る」のMVを見ればわかりますが、前田は映画を撮るのを卒業後やめてしまったのでしょうか、劇中でも将来について言及していますが、冷静に達観しているようです。

僕は二宮拓人と菊池は似ていると思います。

それは必死になれないところです。

それに付随してさらなる相違を述べると、惰性でも、不格好でも、好きでも嫌いでも、今やるべきことを“頑張らなければならない”ということです。

開かれ、与えられた可能性の利用期間は終わったのだ、と宣告を受けます。

条件という項目を削られた状態での、戦いに勝つためには相当の覚悟が必要である、と。

 

(おわりに)

自分は男子校の在校生なんですが、やはり共学は残酷なのではないか、と思い始めてきました。理由を挙げるとするとやはりヒエラルキーの選定基準として付加される、‘‘女子の目“という存在です。

この“女子の目“という冷徹な触媒は、クラス内格差を助長し上の人間にはさらなる厚遇を、下の人間にはさらなる無関心や劣等視をもたらします。

やがて世界はヒエラルキーに支配され、価値観や動機をも侵食し、格差を理由にいじめなどの卑劣な行動すらも正当化してしまう、なんてことが誘発し易い“温床”になります。

上記にあるのはデメリットですが、反対にメリットもあり、当然ですが共学は男女のヒエラルキーの価値観やそれを決定する暗黙の基準が混在しています。この二つは独立した関係にあるため、相互的に影響を及ぼしあい成立しています。

その効果として得られるのが、共伴もしくは抑止力です。共伴については上に述べました。

では抑止力とは。

これは単純で、男子の行動が女子の目によって制限されるまた逆も然りです。

僕は、二つの価値観が混在するコミュニティに自分を傍観者として設置したいという願望があります。

どっちが平和なんだろう、精神的な成熟度はやはり共学だろうか。

性別が一つしかない学校には、一つのヒエラルキーしか生まれない。

だから一つの風潮が抑止されることなく永続的な価値観という、より強固なものに成長する。

怖さはそこです。

この映画は登場人物と、自分とを照らし合わせてしまうという必然性を帯びた作品な訳ですが、ふと自分は誰なんだろうと考えたところ凄く中途半端で、言い換えると中庸的な人間でした。だけどそれがいいんじゃないかと思えても来るんです。

宏樹の理由のわからない不安や焦燥、実感せざる得ない虚脱や甲斐性のなさ。

そして前田のクラスの醸成された空気に圧倒され指弾されているという劣等感。

だけどそれを潰せるほどの強烈な意欲。

桐島のようにプレー出来ず限界を感じる風助。

同調圧力からの脱出を希求するバドミントン部の女の子。

これらは誰でも、通過してきた感情ではないでしょうか。

特定の人物ではなく、複数人から得られる共感。それらの集積がこの映画を素晴らしいものにしているんだと思います。

 

マジで必見です。涙という形では発露せず、暗い心の中で涙を流す、潜在的な感覚です。

 

*補完的追加文

文章中に世界という単語が頻発していたと思います。少し大袈裟かもしれませんが、過言ではありません、学生にとってヒエラルキー(同調圧力)とは戦争。それに支配された空間は世界同然なんです。

この考えは前田の撮る映画のセリフにも反映されています。

「俺たちは、この世界で生きてゆかなければならない」と。